診療メニュー|広島市中区予防歯科|有田歯科医院

診療について

広島市中区予防歯科|有田歯科医院有田歯科医院では、予防や治療を行うにあたり、患者さんの希望をしっかりと伺い、今後どうなりたいか、今のお口の中の状態をどの様に改善、維持していきたいかを一緒に考え、Best な方法はもちろんBetterな方法も提案させていただきます、患者さんにあったものを選択していただけるようお話させていただきます。

予防歯科について

お口の健康を保つには、むし歯や歯周病にかからないこと、歯を削る、抜くことなく、
自分の歯を大切にするのが一番です。

そのために出来ることがあります。
それが予防歯科です。
むし歯と歯周病は細菌による感染症です。どちらの疾患も原因となる細菌は特定されています。この細菌をコントロールすることでむし歯と歯周病にかかるリスクは減らせます。
当医院では、患者さんのむし歯菌の数や、歯周病菌が活発に活動しているかを検査し、一人一人に合った予防法を提案させていただきます。
また、これらの細菌の感染源となるのは、家族やパートナーなどの近親者であり皆さんでの受診をお勧めします。
歯周病菌むし歯菌|広島市中区予防歯科|有田歯科医院

歯周病について

歯周病について|広島市中区予防歯科|有田歯科医院

日本では成人の約80%の方がかかっている、もしくは予備軍であるとされている歯周病ですが、重症化するまでは自覚症状が出にくく、歯を失う大きな要因にもなっている恐ろしい病気です。
歯周病はプラーク(歯垢)や歯石に存在する細菌によって引き起こされる感染症です。この歯周病菌が増殖して歯ぐきの炎症を引き起こし、顎の骨を溶かして病状が進行していきます、最終的には歯を失ってしまうこともあるのです。
また最近の研究では、歯周病菌が血管を介して全身に広がり、糖尿病や心臓病、肺炎などの全身の疾患の要因になることもあるという報告もあります。さらに妊娠中の女性は、歯周病によって早産や低体重児出産の危険性が高くなるという指摘もあるのです。

むし歯について

むし歯について|広島市中区予防歯科|有田歯科医院

歯がしみたり痛んだりする症状、それはむし歯が原因かもしれません。むし歯は自然に治癒することはなく、放置すると症状がどんどん悪化してしまいます。重症化すると、抜歯しなければならない場合もある恐ろしい病気ですが、早期に発見して治療を始めれば、削る歯質も少なく歯への負担もそれだけ軽く済みます。

Tooth Wearについて

むし歯について|広島市中区予防歯科|有田歯科医院

Tooth Wearとは、むし歯や歯周病などの感染症と違い、生活習慣や悪習癖によって引き起こされます。症状としては、歯が溶けたり欠けたりしてきます。
軽度のものを含めると97%の方がかかっているといわれる、むし歯 歯周病に次ぐ第3の疾患です。 

・酸蝕(Erosion)酸による歯の化学的溶解 
 柑橘類・清涼飲料水・酢などの酸性の飲食物や胃酸などが歯を溶かすなど
・咬耗(Attrition)歯と歯の接触による機械的な磨耗
 歯ぎしりや食いしばりなどで接触面が直接磨耗するなど
・磨耗(Abrasion)歯の接触以外の機械的作用による歯の磨耗
 歯磨きなどで歯が磨り減るなど
・アブフラクション(Abfraction)バイオメカニカルな荷重による歯質の喪失 
 歯を強くかみ合わせたり歯ぎしりすることで、直接接触していない場所である、歯と歯茎の境目が削れることなど